HOME
キルキンダッシュ
導入実績
性能データ
会社設備
お問い合わせ
 

人が感じる不快な臭い
人間が生活する中で悪臭と呼ばれるものは沢山存在しますが、その数は実に数百種類とも言われており、その中でも代表的なものとして、下の臭い成分が殆どを占めています。

 ◆アンモニア臭・・・腐敗した肉から放散する臭い。
 ◆トリメチルアミン臭・・・腐敗した魚類などから放散する臭い。
 ◆メチルメルカブタン臭・・・腐敗した野菜類から放散する臭い。
 ◆硫化水素臭・・・腐敗した牛乳や乳製品、卵類から放散する臭い。


これらの臭素成分が環境・温度・湿度などの諸条件によって変化し、また これらの臭素が合わさったりすると、さらに悪臭を生む原因ともなるのです。
MRSAとシックハウス症候群
MRSAが原因による院内感染が問題になっています。このMRSAとは、黄色ブドウ球菌という細菌の中でも特に色々な抗生物質に対し耐性をもつ細菌で、化学療法剤の作用を無効にする機構を自己の体内に備えており、抗生物質を投与しても菌が死なないという特性があります。

シックハウス症候群
と呼ばれている化学物質等による室内空気汚染の被害があります。主な原因として取り上げられているのはホルムアルデヒドと呼ばれている化学物質です。閉鎖空間における室内空気汚染原因は、揮発性有機化合物や粒状物質、その他の無機・有機ガス成分、あるいは放射性物質によるものとされています。
キルキンダッシュの性能
キルキンダッシュは臭気等集塵物を約300℃の高温に熱し、ハニカム構造のセラミックに触媒の加工を施したものに通過させることにより、従来の脱臭機では除去困難であったメチルメルカプタン等の悪臭を高効率に除去するとともに、空気中に浮遊する細菌・ウイルスを死滅させる殺菌機能も有しています。
検査結果(下記参照)につきましては、環境管理センター、北里研究所臨床薬理研究所により臭気濃度は約100分の1に。殺菌効果としては枯草菌やMRSAなどの消滅が測定されており、花粉等の除去にもその効果があります。
取り扱いについても、電源を入れるだけで簡単に使用でき、フィルター等を使用していないためメンテナンスが殆ど不要な製品です。
また、生ゴミ処理や堆肥工場などの業務用に設置する脱臭装置と、異臭の発生しやすい病院・介護施設、ペットショップ、飲食店などで使用する室内用の別機種も御用意してあります。

尚、殺菌試験に関しては【社団法人 北里研究所 臨床薬理研究所】に、タバコ・シックハウスの試験に関しては【株式会社エスコ】に、排ガス試験に関しては【社団法人 長野県労働基準協会連合会環境測定部】に協力をしていただきました。
 

脱臭装置処理空気測定
測定個所 項 目 結 果 方 法
  脱臭装置
  排気口
窒素酸化物
硫黄酸化物
塩化水素
カドミウム
1.0 Volppm未満
1.2 Volppm未満
0.45 Volppm未満
0.006 mg/Nm未満
0.0006 mg/Nm未満
 JIS K0104 科学発光法
 JIS K0103 比濁法
 JIS K0107 チオシアン酸化銀(2)法
 JIS K0083 原子吸光光度法
 JIS K0083 原子吸光光度法
  屋内空気
窒素酸化物
硫黄酸化物
塩化水素
カドミウム
1.0 Volppm未満
1.2 Volppm未満
0.45 Volppm未満
0.006 mg/Nm未満
0.0006 mg/Nm未満
 JIS K0104 科学発光法
 JIS K0103 比濁法
 JIS K0107 チオシアン酸化銀(2)法
 JIS K0083 原子吸光光度法
 JIS K0083 原子吸光光度法

このページの先頭へ戻る

●装置の状況:ヒーター設定温度280℃.風量50L/分.室内温度20℃

喫煙空気(タバコ臭気)煙主成分試験結果
タバコ臭気グラフ

揮発性化学物質(シックハウス臭気)主成分試験結果 シックハウス臭気グラフ
このページの先頭へ戻る

●装置の状況:ヒーター設定温度300℃

MRSA噴霧後の検出菌数(コロニー数/プレート)

噴霧後の時間(分)
噴 霧
10
30
60
菌 数
非加熱
加 熱
非加熱
加 熱
非加熱
加 熱
2.5×107
42
0
2
0
0
0
2.4×108
>1000
0
3
0
5
0
3.7×108
>1000
0
2
0
1
0
3.9×108
160
0
0
0
0
0
2.0×108
>1000
0
1
0
1
0


枯草菌噴霧後の検出菌数(コロニー数/プレート)

噴霧後の時間(分)
噴 霧
10
30
60
菌 数
非加熱
加 熱
非加熱
加 熱
非加熱
加 熱
1.0×107
71
0
0
0
0
0
2.5×107
35
1
0
0
3
0
2.8×107
312
10
1
1
2
0
6.2×107
107
4
1
1
4
0
1.0×108
465
3
4
3
4
0


Influenza Virus噴霧後の検出(HA価)

噴霧後の時間(分)
噴 霧
10
30
60
HA価
非加熱
加 熱
非加熱
加 熱
非加熱
加 熱
640
160
0
0
0
0
0
640
160
0
0
0
0
0
640
160
0
20
0
0
0

このページの先頭へ戻る

※各検査データはキルキンダッシュを一回通過した時の物です。